「潤肌」コラーゲン・モニタリング・レポート

コラーゲンの不思議を再発見。なんとコラーゲンには現在10種類以上あると言われているようです。

潤肌コラーゲン

アラフォーパワーに所属する美容と健康の専門家の中から、4名が海洋性コラーゲン100%の「潤肌」をモニタリングさせて頂きました。

液体 コラーゲン聞くと、コラーゲンに対する世の中に認知には間違っている部分が多いと言うことで、たくさんの資料とともに株式会社ユーシ様よりサンプルをご提供頂きました。

コラーゲンと聞くと「お肌に良い」という良いイメージと、吸収し難いという悪いイメージがあるかと思います。

に、一般的にはあまり知られておらず、コラーゲンは名前ばかりで、効果がないという悪評を広げてしまっている大きな原因に関しても、頂いた資料だけではなく、インターネットなどを使った独自のコラーゲンに関する調査から分かってきました。

※サンプル提供元からの資料だけでは情報の偏りが生じることを懸念し、ネット上や今回モニタリングに参加しない外部の美容の専門家などからも情報を集めました。

  コラーゲンには10種類のタイプがあった

コラーゲンのタイプ別効果組織もともと、コラーゲンは1種類と考えられていたようで、最初に発見されたⅠ型コラーゲンが「皮膚」「骨、腱」に良い影響を与えていたことから、美容成分として取り上げられるようになりました。

美容商品の販促ではよくある話しなのですが、仮にコラーゲンが1種類しかなかったとしても、その影響組織には「皮膚」と「骨、腱」と複数の組織に働きかけるのですが、美容成分としての研究をする場合は、皮膚への影響度を調査しますが、その他への効果は測定しない又は、同一レポート内に掲載することはありませんので、「コラーゲン=お肌に良い」というレポートが出来上がっていきます。

尚、現在ではコラーゲンは10種類以上に分類されると言われており、その中でも80〜90%がⅠ型でⅠ型からⅢ型までで95パーセント以上を占めるそうです。そしてこの残り5%のコラーゲンに関しては、Ⅰ〜Ⅲ型とは明らかに異なったアミノ酸組成、コラーゲン構造を持っていることは分かっているのですが、まだまだ多くの研究の余地を残しているとのことだそうです。

*今回モニタリングした「潤肌コラーゲン」はⅠ型、Ⅱ型、Ⅲ型のコラーゲンの製品です。また、コラーゲンは年齢によっても摂取量が異なるようです。(厳密によれば、性別はもとより個々人によって異なります。)

  美肌のために買ったのに骨が元気に?!

コラーゲンをはじめとする美容成分のほとんどが「修復成分」ですので、【傷んだ組織】に効果を及ぼします

そのため、日頃から美容や健康に気を付けている方、若くて新陳代謝が活発な方、特にスキンケアに関しては細心の注意を払っている方の場合、骨や腱が傷んでいたとするとコラーゲンがそちらに働きかけ修復を始めると言うことになるわけなのです。

に言いますと、現代社会の食文化や健康事情を考えますと、カルシウム不足、骨粗しょう症または、その予備軍の方々は多く、特に月経などの影響から男性よりも女性の方が、その傾向にあると言われます。そのため、美肌目的でコラーゲン製品を摂取したところで、お肌よりも骨に傷みがあれば、美肌効果は発揮されず、骨や腱を健康に導いているケースも少なくなかったわけです。これが冒頭でお伝えした「吸収し難いという悪いイメージ」や「コラーゲンは名前ばかりで、効果がない(効果を実感できない)」ということに繋がっていたようです。

また、ご存知の方も多い通りコラーゲンはタンパク質であり、動物のカラダにあるタンパク質のおよそ3分の1がコラーゲンと言われています。骨や腱にはⅠ型コラーゲンが含まれており、皮膚にはⅠ型とⅢ型が多く含まれている。そして、軟骨などにはⅡ型が含まれており、肌荒れや軟骨のすり減りなどはこれらに準じたコラーゲンを補給することで修復されると考えると分かり易いかと思います。


  潤肌コラーゲン モニタリング レポート


海洋性コラーゲン「潤肌」商品名:海洋性100%コラーゲン「潤肌」

無添加、無着色、無香料

海洋性コラーゲン100%の潤肌は、鯛のウロコから抽出されたコラーゲンを使用しています。コラーゲンブームの先駆けともなった動物性のコラーゲンは35〜43度(動物の体温)以上でなければ分解吸収が始まりませんので、実質上、人の体内温度が35〜43度以上に上がると言うことは、風邪を引いて発熱している状態ですので、通常、これらのコラーゲンは分解も吸収もされず、体外へ輩出されて染まします。

これに比べ、潤肌コラーゲンで使われている、タイの体温は海水の温度とほぼ同等ですので、人の体内温度で充分に分解吸収が味まります。

コラーゲンを調理し加熱することで43度を上回ることが可能ですので、調理のタイミングで分解することは可能ですが、その料理を食べれば吸収されるかと言うと、それはまた別の話しとなります。

尚、コラーゲンは「熱に弱い」と言われ、調理段階からコラーゲンを投入すると成分が溶け出しなくなってしまいます。加えてコラーゲンには非常に多くの脂肪が含まれているとも言われますが、潤肌コラーゲンは【抽出物】で、これまでコラーゲン製品の課題でもあった【脂質の完全分解】を実現した液状タイプのコラーゲン製品です。

ご購入はこちらから


中村弥和潤肌コラーゲンを2週間にわたりモニタリングさせて頂き、原液のまま飲まさせて頂いたり、火を通してもコラーゲン成分には影響がないということでしたので、調理の段階からお料理に投入し牛すじ煮込みなどを作ってみました。

また、ペット用のコラーゲン製品や潤肌コラーゲンの石鹸もモニタリングさせて頂きました。

【感想】2週間と言う短い期間ではありましたが、お肌と頭皮が柔らかくなってきたように感じました。大根と牛すじの煮込みに潤肌コラーゲンを調理段階から投入し料理しましたが、味も風味も変わらず美味しく頂けました。


潤肌 レシピ 1
コラーゲン料理 1
ペットフード コラーゲン
ペットフード コラーゲン 2

菅 亜紀子 アロマセラピスト潤肌コラーゲンを2週間モニタリングさせて頂く中で、様々なレシピに使ってみました。

日頃から、玄米を食しているたり、アロマセラピストとして健康と美容には気を使っていますので2週間で効果を実感できたかと言うと、お応えし難くなってしまいますが、コラーゲンは健康にも美容にも大切な栄養成分ですし、摂り過ぎても余計な分は排泄されると言うことですので、継続的に安心して摂取できたり使えるコラーゲン製品ではないかと思います。

また、料理に混ぜて食べたり、ドリンクに混ぜて飲んだりする他にも、直接お肌に塗っても吸収されると言うことでしたので、次回はぜひ、手や頬などに直接塗ってその浸透性を体感したいと思います。


潤肌 レシピ

玄米の炊飯時に投入

コラーゲン レシピ 玄米ご飯

玄米ご飯に混ぜて

コラーゲン レシピ

手羽中の炒め物に

コラーゲン レシピ ゴーヤ

茄子とゴーヤの炒め物


岡藤 まゆみ毎朝飲んでいるスムージーに潤肌コラーゲンを混ぜて頂きました。魚鱗コラーゲンと言うこともあり原液のままですと若干味とにおいを感じましたので、スムージーの量を調節しながら、どのくらいから原液の風味を感じるのかもテストしてみました。

いつも飲んでいる400mlから2割減らした320mlまでは、味も風味も変わらず、いつものスムージーとして頂けました。しかし、260mlの量まで減らすと敏感な方だと「野菜、フルーツ以外に何か入ってる?」と感じる程度に潤肌コラーゲンの風味を感じるようになりました。更に減らした、160mlでは、原液の味を感じるようになりました。


コラーゲン入りスムージー400ml
コラーゲン入りスムージー320ml
コラーゲン入りスムージー160ml
コラーゲン レシピ

岩永麻樹子潤肌コラーゲンを2週間続けてみての感想は、豚コラーゲンの粉やコラーゲンゼリーに比べて料理やドリンクの味も変わりにくく使いやすかったです。

実感した効果としては、爪はよくわからなかったのですが、指先のささくれがいつもよりできにくかった気がします。顔の肌もものすごくというわけではありませんが、いつもより乾燥しにくかったです。もっと続けたらいいかも という期待の持てる商品で、けっこう好きでした。冬場だともっとわかりやすかったかなぁと思います。


コラーゲン レシピ
コラーゲン レシピ カレー
コラーゲン レシピ ゴーヤチャンプルー
コラーゲン入りスムージー
「潤肌」コラーゲン・モニタリング・レポート