アロマ・コミュニケーション

コミュニケーションアロマ

アロマテラピー効果にコミュニケーションがうまくいく!と聞いて驚かれた方、「なるほどそうか!」と思われた方それぞれいらっしゃると思います。

アロマを使ってコミュニケーションの円滑化をはかる事はとても大切なことだと思います。

との出会い、ご縁とは本当にありがたく、私達はこのコミュニケーションを通じて 多くの方と触れ合い、思いを分かち合い、共感したり、お互いを高めあったりすることができます。

ですけれど、人それぞれ姿かたちが違うように、考え方もそれぞれ。

育ってきた環境も違えば好みも違います。

うまくコミュニケーションがとれず悩むことは誰にでもあるのではないでしょうか?

私達は家庭や職場、その他友人関係、子供達の学校関係、趣味を通してなど、 毎日 本当にいろいろな社会の中で生きているわけですが、社会が複雑になればなるほど、 気を遣う場面も多くなり、ストレスも複雑化していくといわれています。

例えば、仕事上の責任や競争、心と体を休めるはすの家庭でのちょっとしたトラブルや不安、立場的に気を遣う方とのお付き合い、「NO!」と言いたくても言えない状況など、あげればきりがありません。

そして、そういったストレスを感じている時、心だけでなく体も緊張しています

その緊張が続くと心にも体にもひずみがでてくるのです。

はいうものの、実際にはその環境を簡単に変えることはできないことが多く、相手がいる以上自分のペースだけではいけないのもちょっと 厄介なところです。

しかし、アロマテラピーがそんなストレスをほぐし、スムーズにコミュニケーションをとるお手伝いをしてくれるんです。

例えば 何だか 今日はイライラしてるな、ピリピリしてるなというときにはオレンジの香りがおススメです。

きっとオレンジの香が嫌いという方は、非常に少ないのではないでしょうか。アロマテラピーの世界でも「オレンジ」のアロマはとても人気です。

 気持ちを落ち着け、心を穏やかにし、さらに明るく前向きな気分にしてくれると言われているのが、オレンジ・アロマの香りです。

お部屋に香りを漂わせれば、自分だけでなく相手も癒すことができ、お互いの気持ちがいい意味でリセットされ、円滑なコミュニケーションへと繋がります。

オレンジは誰にでも好まれる香りですので家庭でも職場でも取り入れやすいと思います。

(職場で香りを漂わせるのが難しい場合は手作りのコロンを準備しておくといいでしょう。)

他にも 少々のことでは動揺せず落ち着いた自分でいられるためにはローズウッドやサンダルウッドなどの木の香りが人気です。

マイナスな気持ちを浄化させるためにはラベンダーやベルガモットなどが効果的といわれています。

身近な方であれば香りを楽しみながらのハンドトリートメントをやってあげたりするのも喜ばれるかと想います。

(トリートメントに関しましてはアロマテラピー【ボディケア編】を参考になさってください。)

アロマに包まれた空間は、きっと素敵なコミュニケーションの場になります。

香りで癒され、心にゆとりが出てくると、 「あの人…あんな意地悪なこと言って最初は嫌だったけれど、良く考えたら正しいことだし、指摘したもらったからこそ、私も気がつくことができたかも。」 な~んて思えたりすることもあるかと思います。

やっぱりコミュニケーションは本当にすばらしい!

相手にいい印象を持って頂くという意味で香りを取り入れることはビジネスシーンや空間演出にもかなり効果的です。

メンタルヘルス、アロマテラピー担当 牧坂久美子でした。

牧坂久美子

牧坂久美子プロフィール

メンタルヘルスに戻る