体臭を食事で改善

体臭と食事

体臭、加齢臭でお悩みの方は他にはいませんか

体臭がするとか体臭で人間関係が壊れる事は本当に残念なのですが、体臭は、厄介な問題として現代社会に存在しています。

性格はいいんだけど、どうしても体臭が嫌で、あまり話したくないとか、ウチの社員にとても体臭が気になる人がいるけど、言ったら傷つけてしまいそうで、なんとかなりませんか?等の相談も良くあります。

そもそも体臭とは、以下のような物に分類できます。

  • 加齢によるもの
  • 体を洗うなどの習慣によるもの
  • 食事によるもの

その中でも、一番の原因になるものが、実は食事なのです。

きっと、「身体を洗うなどの習慣による体臭」や「加齢臭」に代表される「加齢に伴う体臭」というのが、食事が影響する体臭より原因になっていることが多いと考える方がほとんどだったのではないでしょうか。このことを逆手に取ると、加齢臭でお困りの場合でも、お洗濯や芳香剤でごまかさなくても、食事による根本改善が可能だと言うことなんです。では、早速、体臭と食事の関係を深く見ていきたいと思います。

体臭の一番の原因になる食べ物は動物性たんぱく質、乳製品、
極端に辛いもの、
臭いの強い食べ物
等があります。

抗酸化食品も体臭に響きます。

例えば、油物ですが、時間がたてばたつほど、酸化します。

天ぷらや揚げ物は、なるべく調理して早く食事できるようにしてみましょう。

に、体臭が良くなる食べ物は、緑黄色野菜を中心に
、【ビタミンA】海藻類、パセリ、にんじん、かぼちゃなど
、【ビタミンB2】うなぎ、レバー、たらこ、納豆など
、【ビタミンE】小麦麦芽、植物油、種実類など
、その他、腸内を中和させる食物繊維、乳酸菌、オリゴ糖
、純ココア
、水を大量に飲む
、緑茶、黒酢の摂取などがあります。腸内環境を整える事が、体臭を予防できるという訳です。

腸内の悪玉菌が好物である、酸化した食品、合成のもの、添加物、農薬、砂糖、小麦、乳製品は、体臭を強くしてしまうので、なるべく気をつけてみましょう。


便臭がきついときは、悪いものを食べている証です。

生活習慣が悪いと、悪いものが溜まりやすくなり、嫌な体臭の原因になります。



生活習慣の改善だけでも、随分、体臭予防になります。

ストレスをためない
適度な運動で汗を流す事も重要です。


適度な睡眠も有効です。


ボディソープではなく石鹸を使う事もおすすめです。

体の表面には在常菌が存在しています。その菌を洗い流すと、かえって悪い菌が付着して、匂いの元になる可能性もありますので、洗い過ぎは厳禁です。

ナイロン等のタオルで洗うと、洗いすぎてしまうので注意してください。

手のひらで泡立てて手で洗う事をお勧めします。

届かない所は、柔らかいタオルなどで洗ってみましょう。

に女性の方は、男性と違い体が弱酸性なので、強いボディーソープで洗ってしまうと匂いの元を作ってしまいます。強力な菌がいつも外から来る雑菌を入れない為にがんばっているので、その菌までも殺さないように、優しく、弱酸性かお湯などで洗ってあげてください。

お風呂に5分以上浸かることによって、体臭の原因になる「悪い汗」が出て体臭予防になります。

タモリさんも「10分間くらい湯船に浸かると80パーセントの汚れは落ちていく」とコメントしているぐらい湯船に浸かることは体臭予防になります。

体臭のなかには、病気のサインという場合もあります。食事、腸内環境、入浴とシーンと試してみたけれど、なかなか効果が現れないと言った場合や、どうしても体臭が気になるという場合はすぐに病院で検査してもらってください。

それでは、「大人の食育」担当、中村弥和でした。

中村弥和

中村弥和 プロフィール

大人の食育にもどる