ファスティングの効果

元気な腸なら何でもできる!ではないですが、腸を元気にするファスティングの効果

ファスティングとは」で何のためにファスティングが必要なのかということは、ご確認頂けたと思います。

簡単に言えば『体内のリセット』を行なう、これがファスティングです。

体内と言っても内臓だけではなく心(精神)や脳を活性化することができるので、ファスティングによる、体内環境のリセットは一度体験すると定期的にまたやりたくなっちゃうんですね!「ファスティングが癖になる」これって「ファスティング経験者『あるある』」なんです。

ですので、芸能人やスポーツ選手がこぞってされてるのはこういうことからなんです。

ファスティングは実際どのようにして行なうかについては、「ファスティングの方法(1)〜(3)」【現在準備中】でご紹介しておりますのでそちらを参考にしてください。

また、デトックスについての章でファスティングとデトックスの関係をお伝えしましたが、ここでもう一度簡単に復習しておきたいと思います。

【デトックス=解毒、毒出し】でしたね。

体の中に溜まってる老廃物や毒素を排出するのが「デトックス」ですが、実はいろんな形で排出されます。

  • 便・・・・・75%
  • 尿・・・・・20%
  • 汗・・・・・・3%
  • 爪、髪・・・・1%

以前、様々な方法でのデトックスというのが流行りましたが、様々なデトックスの内95%が、排便と尿によるものですので、色々やるよりも、ここに意識をおいて適切な排便と排尿を心がけた方が、かなり効率的なんです。

弱ッ腸このことから見ると、便秘の人は毒を体にため込んでいると言えます。

小腸で栄養を吸収され、大腸で余分な水分を吸収され、その残りが便となり排泄されますが、上手く腸が動いてなかったり弱ってたりすると排泄どころか腸に便が留まりその毒素が体内に逆戻りします。

腸内温度は37度あると言われています。

ちょっと想像してみてください。

真夏は37度はありますね。

そこに生のお肉を置いていたらハエがたかり腐っていくとは思いませんか?

そんな状態が腸内で起きているのです。

便秘の人は腸の中で腐敗が起きていると言われるのはこういったことからなのです。

そして更に腸は「吸収」しようとしますから、その溜まってしまっている毒素を、また体内に吸収してしまうわけなんです。

おならが臭いのが、この典型。

オナラの臭いは大切な健康のバロメーターそれくらい毎日のお通じが大事なのです。

でも、実は、ただ単に「出せば良い」というわけでもないです。

便秘でも下痢でも良くありません。

良い便の相というのがあります。

それは、水分80%くらいでバナナ2〜3本くらいの量と言われていて、臭いはなく水に浮く感じが良いとされます。

力まず気持ち良く出る(トイレットペーパーが必要ないくらいキレが良い)便が理想だと言われています。

そして、毎日のお通じを理想に近づけられるようするのもファスティングの効果と言えます。

更にその他のファスティングの効果を挙げると以下のような効果があります。

ファスティングの効果

  • 体質改善
  • 体脂肪が落ちる
  • 免疫力を高める
  • 代謝がアップ(血液やリンパの流れをスムーズにする)
  • 運気や能力がアップ(五感が冴える)
  • 便秘や下痢解消
  • 自律神経を整える

ファスティングにはこれらの効果があると言われ、美肌づくり、老化防止、肩凝り・むくみ解消、風邪予防、ストレス緩和など作用に繋がると言われています。

五感が冴えるので人生のパートナーとのご縁が出来て結婚したという人も私の周りには何組もいらっしゃいます。

是非、この効果はみなさんに味わってほしいと思います。

ダイエット、ファステング担当、岡藤まゆみでした。

岡藤 まゆみ

岡藤まゆみ プロフィール

ダイエット に戻る