リバウンドさせない回復期

ファスティング回復期間

ファステングには回復期間を設ける必要があります。

リバウンドしないダイエットのコツ、リバウンドさせないファスティングの秘訣は、この「回復期」にあります。

では、ファスティングに回復期間を設けるとなぜリバウンドしないのかを順を追ってご説明いたします。

 ファスティングに回復期間が必要なわけ

ファスティング【実践編】でお伝えした通り、ファスティングの実施機関には1日、3日、7日間の3コースがあるのですが、この中で酵素ドリンクを通じて最低限必要な栄養素は摂取していても、さすがに胃は空腹を感じています。

また、ご自身の意識の中にも「ファスティングをしていた=食べていない⇒お腹がすいている」という意識が働いていて、【ファスティング修了=食べて良い⇒食べたい&食を楽しみたい】という欲求がましています。

こういった状態で、食べ物を口に運ぶと、必要以上に食べてしまうことはもちろん、カラダもそこから必要以上に養分を蓄えようとします。

ダイエットとリバウンドしかし、消化器官も人間と同じで(なんか、変な表現ですね)、長期間休めば働きがなまってしまっています。

分かりやすく説明すると、ファスティングとゴールデンウィークはよく似ています。

充実した連休を過ごされた場合は、明日からまた始まる日々に晴れ晴れと、そして爽快な気分で迎えようとされるのではないでしょうか。

しかし、実際に翌日の朝が来ると、いつも以上にカラダがなまって起きれなかったり、通常業務の仕事量なのに、集中力が続かなかったり、いつも以上に疲れたり等々。

これと似た現象が、ファスティングを明けた消化器官でも起こってしまいます。

そのために、ファスティングには回復期間が必要なんです。

ゴールデンウィークに海外に生方も多いですが、最終日に帰国して次の日から仕事って、辛いですよね。賢い方なら前日や2日前くらいに帰国し、連休明けの仕事に備えるのではないでしょうか。ファスティングも同じなんです。

 ファスティング回復期間の食事

ファスティングを修了すると、達成感とともに開放感も感じるのですが、それと一緒に「食欲」を高ぶらせる方もたくさんいらっしゃいます。

3日間もしくは7日間、酵素ドリンクしか飲んでいないわけですから、そうなっても仕方ないと言えば仕方ないのですが、だからといって食欲に任せて、食べたいものを食べていたのでは、消化器官はビックリしますしリバウンドの温床をつくってしまいかねません。

ファスティング回復期間で食べて良いものと、避けたい食べものがありますのでご紹介しておきます。


回復期に食べて良いもの

  • ノンカフェインの飲み物
  • ミネラルたっぷりの砂糖(黒砂糖)
  • 良質な油(アマニ油等)
  • 消化の良いもの(お粥、食物繊維の少ない野菜等)
  • 発酵食品(漬け物、納豆、甘酒、お味噌等)

おもゆからスタートしお粥、普通食にはファスティング実施日数と同じ期間を回復期間とする

食べちゃダメなもの

  • 乳製品
  • 動物性食材
  • 白砂糖
  • 添加物
  • たばこ
  • カフェイン入りの飲み物
  • お酒、薬、小麦類、油

上記の「回復期に食べて良いもの」の中に【固形物】が含まれていますが、これらは回復期の後半でなら食べても大丈夫ということです。

回復食の内容は、ファスティング・インストラクターや専門家と予め相談しファスティングに入る前に、終了後はこんなレシピで、あんなものが食べられるんだ!とファスティングを頑張ったご自身へのご褒美をちゃんと準備しておくのが大切です。先のお伝えした「食べて良いもの」の項目だけを見ると、そんな楽しみにできる献立なんて、回復期にあるの?と疑問をもたれる方も多いでしょうが、そこは長年ファスティングを経験して来た中で回復食のレパートリーもどんどん増えてきました。

料理好きのファスティングの専門家だから知っている、美味しい回復食というのもあったりします。

 ダイエット成功の鍵

如何だったでしょうか、今回でファスティング講座は修了ですが、すでに全ての講座をお読み頂けた方、もしかするとこのページだけよお読み頂いた方など、様々いらっしゃると思いますが、ファスティングを検討されている方でしたら、せめて、ファスティング【準備編】ファスティング【実践編】とこのファスティング【回復期間】の3記事だけでも目を通しておいてください。

なぜなら、ここにダイエット成功の鍵が隠されているからです。

回復食とリバウンドこのファスティング講座で隠していても仕方がありませんので、まとめて完結にご説明しておきます。

皆さんもご存知の通り「ダイエットの敵はリバウンド」ですよね。

如何に、体重を落としてもリバウンドさせてしまっては意味がありません。

また、ダイエット中の体調不良もダイエットの成功とはかけ離れています。

そこで、まず1つ目のダイエット成功の鍵は、ダイエット期間中の「栄養素」となるわけです。

今回は、あなたに必要な1日分のカロリーを計算するとともに、必要な栄養素が充分に含まれた酵素ドリンクを選ぶことがダイエット成功の鍵となります。

ダイエット成功の鍵2つ目が、リバウンドさせない回復期を適切に過ごすことです。

胃袋をはじめとする消化器官は、これまでの日常と違い、食べたものではなく空腹感でいっぱいでし、ファスティング期間中には固形物を食しませんので、消化器官もお休みモードです。

そこに胃や腸には意識はありませんので、ファスティングを終えたことは自覚していません。当たり前ですが(汗)ですから、そこにいきなり「ほら仕事だ!」と固形物を流し込むと、消化不良を起こし、また身体の中に毒素を溜める結果になることもありますし、ファスティング期間中は必要最低限の栄養素しか取ってきませんでしたので、大量の栄養が流れてくれば、カラダはそれらをどんどん吸収しようとします。

この結果、リバウンドを起こすわけなのです。

言い換えれば、リバウンドを起こさないファスティングは、この回復期間にかかっているといっても過言ではないわけです。

ファスティングは適切な準備と、最適な回復食で成立します。ぜひ、専門家へのご相談を検討後、ステキなファスティングに取り組んで頂ければと思います。

 

free-soudan

ダイエット、ファステング担当、岡藤まゆみでした。

岡藤 まゆみ

岡藤まゆみ プロフィール

ダイエット に戻る