メンタルヘルス講座

「今」をいきる

脳科学での深層心理をマスターした福田美智江先生がおくるメンタルヘルス講座、第1回は「『今』を生きる」です。ご自身との対話の中から、あなた自身が持つストレスケアの鍵を見つけていきます。落ち着いた静かなところでゆっくりとご覧ください。


メンタルヘルス、ストレスケアを行なう上で自分との対話(コミュニケーション)は、自分の心の状態に大きな影響をおよぼします。

「あの時、~~すればよかった」「あんな失敗をしてしまった~」「○年後心配だぁ」なんて思いで悩むことはありませんか?

過去や未来は「今」から作られている!

メンタルヘルス当たり前のような、なんだかわからないような、「今」によって自分がどのような影響を受けているかをお伝えします。

先ずは、皆さんに質問です。

「過去で一番楽しかった出来事は何でした?」

「その時は誰とどんなことをしていました?」

さまざまな顔や楽しい、嬉しいことがらが思い浮かんできているでしょう。

では、それを思い浮かんでいるあなたはどこにいますか? 

そう、「今、ここに」います。(当たり前ですね。)

では、もう一つ質問をさせてください。

「来月あなたはどのような活動をしますか?」

「それは誰と関わって、どのようなことをしますか?」

また、さまざまな顔やことがらが思い浮かんだり、どんなスケジュールで行うかなど考えが浮かんだりしているのでしょう。

では、それを思い浮かんでいるあなたはどこにいますか?

そう、「今、ここに」あなたは存在しています。

つまり、私たちは過去や未来のことを思っていても、私たち自身は現在、「今、ここに」います。

そして、大事なことは私たちの「今の状態」が過去や未来の想いにとても影響します。

例えば、身体に痛み、不調、ストレスや嫌な感情がある時は、過去の楽しかったことや嬉しかったことは思い浮かべにくいし、思い浮かばないこともあるでしょう。

そして、その時に思い浮かぶ未来は不安が多かったりします。

 逆に、とても嬉しい時、成功した時、やる気になった時や楽しい時には、過去の悲しいことがらや失敗したことがらが思い浮かべにくかったりします。

思い浮かんでいるとしてもそのような失敗があっての成功として、前向きにそれを捉えているでしょう。

そして、不安の少ない、または不安のない未来や夢が浮かんでくるでしょう。

今の自身の状態がとても重要です!

未来のために今を犠牲にする、我慢をすることによって、良い未来を思い浮かべることができにくくなります。

いつも不安な未来や失敗した過去を思い浮かぶ事になります。

ますます、ストレスが増えていくというようなスパイラルに陥っていきます。

より「今」を大事に、大切にしてみてください。

自分の心地よい状態を保つ、自分の感情に向き合う、身体からのサインを意識します。

「今」をより心地よく、穏やかに生きることによって、思いだされる過去の記憶も未来のイメージも変わってきます。

そして、それらのイメージによって、より心地よい現在があるというスパイラルがつくられます。

どんなイメージや記憶に焦点をあてるかが重要になってきます。

この焦点の当て方については次の記事でご紹介します。

メンタルヘルス講座 担当 福田美智江でした。

福田美智江

福田美智江プロフィール

メンタルヘルスに戻る