アロマテラピーでリラックス&リフレッシュ

リラックスとリフレッシュ

朝のアロマと夜のアロマで日々をリラックス&リフレッシュ

アロマテラピーの香りを楽しむ上で“リラックスの香りとリフレッシュの香りを使い分けること”というのも大切なポイントのひとつです。

現代社会は24時間体制で、昼夜関係なく活動している人も多いという現状がありますが、本来 私たちの生活のリズムは 日中は活動し、夜は身体を休めること。

不規則な生活が続き、この本来のリズムが崩れることが多くなると夜は眠れず、そのため日中は身体がだるくてやる気も気力も「今一つ…」ということになってしまいます。

そのリズムを取り戻すのに香りの演出、アロマテラピーを用いた演出が非常に効果的だといわれているんです。

アロマテラピーで一日を好循環に!例えば朝や日中は リフレッシュ効果の高い香りを取り入れると脳がその香りの刺激をキャッチし、活動モードのスイッチON!

やる気アップ、集中力アップにつながります。

ローズマリーやレモン、ペパーミントやユーカリなど、爽やかですっきり系の香りがオススメです。

もちろんお仕事や勉強の効率アップも期待できます。

お部屋に香りを漂わせるだけでも効果的ですが、日中も香りを楽しみたい方は香りのスプレーやクリームを手作りして(簡単にできます!)持ち歩いておけば、好きな時にいつでも香りを楽しむことができます。

は一日の疲れを癒し、質のいい睡眠がとれるよう芳香浴やアロマバスなどでリラックス効果の高いの香りを楽しみましょう。

リラックス効果高いの香りで癒されることで その日のストレスや疲れが少しずつ解消され、心も身体もクールダウン。安眠へ導くお手伝いをしてくれます。

香りでいうと、お勧めはラベンダーやオレンジ、ローズウッドなど。

サンダルウッドやネロリの香りも人気があります。

睡眠の質が上がってくると、翌朝の目覚めもよくなり、そして朝はリフレッシュの香りでより爽快な気分で、また新しい一日をスタートできるといった良いサイクルが作られていきます。

もちろん日中でも ものすごくイライラしたり、緊張したりなどのストレスを感じた時にはリラックスの香りを取り入れてみてください。

とにかく大切なことは、ONとOFFの時間をしっかり作ること。

そのためにも香りを大いに役立てみてください。

香りの演出にメリハリをつけると、心にもメリハリができ、生活そのものにもメリハリが出てきます。

メンタルヘルス、アロマテラピー担当 牧坂久美子でした。

牧坂久美子

牧坂久美子プロフィール

メンタルヘルスに戻る