ストレスコントロール

ストレスコントロール

あなた独自のストレスコントロール法を見つける方法

メンタルヘルス講座第7回は「ストレスコントロール」をお届けします。

ストレスと聞くと、ほとんどの方が「嫌なもの」とイメージするのではないでしょうか。

は、ストレスとはエネルギーの発生状態を意味した言葉なんです。生理学者でストレス学説の提唱者【ハンス・セリエ(1907~1982)】は、「周囲に起った出来事に対して心身がその状態に適応しようとエネルギーが発生している状態」を「ストレス」と名づけました。ですから、例えば、暑さを感じると身体は汗を出し、身体を冷やそうとしますよね。この汗を出すという「エネルギーが発生している状態」がストレスと呼ばれるわけです。ですから、本来ストレスとは生体反応ですから、それ自体に良いも悪いもないものです。

ストレスコントロールでも、このことだけ聞くと、どこか普段使っている「ストレス」という言葉とのイメージに違いを感じますよね。でもご心配いりません、もう少し掘り下げて「ストレス」を見ていくと、意外や意外!今まで以上にストレスコントロールが楽になりますから、お付合いください。

では、ストレスとはエネルギーということを冒頭でお伝えしました。

エネルギーですので程度があります。「強いエネルギー」や「弱いエネルギー」と言ったりしますよね。ストレスにも「レベル」があるわけです。これをストレスレベルと言います。

例えば、私にとって期限が迫っている仕事に対して集中して仕上げることができるように、適度なストレスレベルがあることがやる気を引き出してくれて生産性がアップします

これに対して全く期限がない仕事ですとストレスレベルもゼロに近く、「後でやればよいか」とやる気が出てこないのです(^^;)

また、ストレスレベルが高すぎたり、高い状態が長続きしたりすると、さまざまな障害が身体に出てきます

体に障害が出てくる時、それは小さなことから出てきます。それを放置しますとやがて病気と診断されるものに発展していくでしょう。この身体にでてくるものをストレスサインと言います。このストレスサインは個々人によっても違って来ますし、そのときその時によっても異なった症状となったりする場合もあるので、ちょっと厄介なこともあるのですが、個人によっては共通したストレスサインを持っている場合も多くあります。例えば、私の場合、背中が痛くなり、首に違和感や痛みが出て、最後は腰痛になり、しばらくは動きが鈍くなるという一連のサイクルがあります

ですから背中の痛みというストレスサインが出た時に対処するようにしています。早めに手を打つと言うことですね。

また、ストレスを引き起こす要因のことをストレッサーといいます。

このストレッサーは4つに分類することができます。暑さや寒さや騒音などの物理的ストレッサー、酸素の欠乏や栄養の量や質の過不足などの化学的ストレッサー、ウィルスや病原菌による生物学的ストレッサーと人間関係や経済状態などの社会・精神的ストレッサーがあります。

あなたはどのストレッサーから主に刺激を受けていますか?

これまで関わってきた多くの方々は、圧倒的に社会・精神的ストレッサーからの刺激を上げていました。

先程、「ストレスサインが出た時に対処するようにしています」と述べました。

では、どんな対処の仕方を私は試しているかと言うと、様々ですが、小旅行に出かけたり、スポーツで汗をかいたり、美味しいものを食べに行ったり、コーチと話ししたり、アロマを楽しんだり、思いっきり泣ける・笑える映画などを見たり、いつも行かない様な所に出かけたり、整体を受けたり、大の字にしばらく寝ていたりなどなどをします。

ストレスコントロールの基本この対処法は人それぞれあると思います。そして、ストレッサーがわかっていればそちらに対処する方法もそれぞれ違ってきます

社会・精神的ストレッサーに対処するには、以前の講座にあります「モノの捉え方」や「辛い体験から抜け出す」を試してみる価値はあると思います。もう一度、読まれることを推奨致します。

適度なストレスレベルを味方につけ、高いストレスレベルにはストレスサインを見逃さずその対処を行うことがストレスコントロールに繋がりますね。

では、今回の講座の内容をまとめます。

ストレスコントロールでまず抑えること

  1. ストレスを「嫌なモノ」としてだけ捉えない
  2. ストレスにはレベルがあり、これを「ストレスレベル」と言う
  3. ストレスにはサインがあり、これを「ストレスサイン」と言う
  4. ストレスを引き起こすには原因があり、これを「ストレッサー」と言う
  5. ストレッサーには4種類ある。

4種類あるストレッサー

  • 物理的ストレッサー:暑さや寒さ、音など外部からカラダが感じる要因
  • 化学的ストレッサー:酸素の欠乏、栄養の量など健康にも関わるもの
  • 生物学的ストレッサー:ウィルスや病原因など「病気」と関わるもの
  • 社会・精神的ストレッサー:人間関係や経済状況など、そのこと自体が不安や怒りなどを引き出すもの

ストレスコントロールを行なう基本軸

  1. ご自身に起こるストレスサインの中から、最初に起こる身体の変化を見つける。
  2. (1)のストレッサー種類を見極める
  3. なるべく軽い身体の変化のうちにストレスコントロールを行い、成功体験を積み重ねる

ストレスコントロールの基本軸はこの3つになります。

いきなり、ストレスをプラスの方向に持っていきましょうと言うのはちょっと難しい話しですから、ご自身のストレスサインをなるべく軽い身体の変化のうちに見つけることから始めてください。

そうして、ストレスによって起こる身体の変化のうち軽い症状のうちに対処することを覚え、ストレスコントロールの成功体験を積み重ねていくうちに、日々受け続けるストレスの中からプラスのベクトルに方向チェンジできるあなた独自のストレスコントロール法を見つけることができるようになりますよ!

ご質問や、ご相談は下記のお問い合せからお願いいたします。

お問い合せ

メンタルヘルス講座 担当 福田美智江でした。

福田美智江

福田美智江プロフィール

メンタルヘルスに戻る