子どもにエネルギーを注入

子どもにエネルギーを注入する

お母さん力を上げて、子どもの持っている力も引き延ばしましょう

お母さん力講座第3回は「子どもにエネルギーを注入する」です。

突然ですが、問題です。

ガソリンや電気を注入しないと自動車や電化製品はどうなりますか?

答えは簡単ですよね、全く動かなくなります。

人間も同じだということは、皆さんも想像が簡単につくことだと思います。食べ物や酸素がないと生きていきません。これは必要最低限のものですが、それだけでは意欲的に生きていくことはできません。

行動を引き起こすパワー、「モチベーションの源泉」と言った方がよろしいでしょうか、何をするにしても、こういった行動を起こすためのエネルギーが必要になり、お子さんに対して時折、どんなことが子どもに取ってのエネルギーになっているんだろうと悩んでしまうこともあったりするのではないかと思います。

今回はこの「子どもへのエネルギー」についてお伝えします。

では、子どものエネルギーに入る前に、あなたご自身のことについて少しだけ考えてみてください。例えば、次のような声かけをあなたが受けると、どんな気持ちになるでしょうか。

「ママ、髪きったのね」
「いつもお弁当ありがとう!」
「○○さん、おはよう♪」

もし、あなたが、このように声をかけられると、どのような気持ちになりますか?

きっと嫌な気持ちになるという方はそんなにいないのではないでしょうか。

それよりも、ちょっとほんわか、心が温かくなりませんか?

のように相手を「ありのまま」認めてそれを伝えることで、相手を承認していることになります。このお母さん力講座では、『ありのまま』と言うのは、評価や判断を加えずに認めているということを指します。(映画のおかげでとても旬になっている言葉ですが、いろんな使い方をされていますね。)ですから、例えば、

「テスト70点だったね」
「かけっこ2位だったね」

こちらも承認になります。自分にとってはあまり良い成績ではなかったと思っていてもそれを見てくれている、認めてくれている親がいると思うだけで、子ども達はホッとします。こう言った「承認の声かけ」を行なうことで、子ども達は「自分をちゃんと見てくれている」という思いになり、嬉しい気持ちが生まれてくると言われています。では、次の声かけを見てみてください。

「きみ、がんばっているね!」
「えらいね~」

このように言われるとどのように感じるでしょうか。

嬉しいと思う人もいれば、なんだか受け取りにくく、嬉しくないと言う人もいるかと思います。

「別にそんなにがんばっていないもん!」
「どこがえらいのかわからない!?」

これは褒めている言い方ですが、褒めるという声かけは、肯定的な評価や判断が加わり、自動的に上下関係をつくり、なんとなく受け取りにくくなるので注意が必要なんです。

以前、私が開催しているコーチングスクールを受講していた学生に、次のようにたずねてみました。

「この英語を訳してきて、えらいね~」
「この部分の英語を自分から訳してきたのね~」

この2つのセリフを言われてどう感じたかと聞いてみると、最初のセリフの時は単に嬉しかったと答えてくれて、後者の声かけでは、もっとやろう!と思った、と答えていました。

この声かけの違い、もうお分かりですね!そうなんです、最初のセリフは褒めていて、後者は承認しています。

承認には行動を引き起こすパワーがあります。私たちは誰しも認めてもらいたいという願望があります。

認めてくれることで、安心・安全を得ることができます。その安心・安全の状態を感じると、行動を起こそうと思うようになり、または、同じ安心・安全を得るために行動を強化するようになります。

何よりもそれを与えてくれる人、認めてくれる人を信頼するようになります

ちょっと思い出してみてください。皆さんのお子様が赤ん坊だった頃。赤ちゃんの時には私たち親はいっぱい承認を投げかけていましたよね。

「げっぷした」
「たっちした」
「歩いた」
「お箸で食べた!」などなど。

笑顔があったり、拍手をしたり、聞く姿勢をもったり、名前を読んだり、など、これらも全て承認です。

このように、お子さんのありのままを認めてそれを伝えることで、お子さんにエネルギーを注入していきます。エネルギーがいつも満たされている子は多少の放電に遭っても強いです。そして何よりもお子さんも人を認めることができるようになり、親子の絆は深まります。

一度、日常の声かけに取り入れてみてください。はじめはなんだか照れくさかったり、声かけする私達親の方が恥ずかしくなったりするかもしれませんが、その声かけを受けた子ども達から返されるホっこり笑顔に私達親もかなり癒されることを体験して頂けるかと思います。

お母さん講座 担当 福田美智江でした。

福田美智江

福田美智江プロフィール

お母さん力講座に戻る